トップページ葬式(葬儀)の用語供花・供物とは【葬式(葬儀)の用語】

葬式(葬儀)の用語

供花・供物【葬式(葬儀)の用語】


供花…供花とは、葬式(葬儀)で故人に供えるお花のこと。

供花の読みは、キョウカ、またはクゲ。

供花は、遺族・親戚・知人・関係企業などの中でも親しげな人が供えます。

供花は、造花である花環(花輪)や生花が用いられる(葬式(葬儀)で祭壇の脇に菊の花が丸く飾られ、木の札に「○○家一同」などと書いてあるやつです。)

 

供物…供物とは、葬式(葬儀)で故人に供える品物のこと。

供物の読みは、クモツ。

具体的に供物は、果物や線香・干菓子・お酒などをいいます。

また、こちらも親しげな人が供えるようで、一般的には香典のみで良いです。


【葬式(葬儀)の用語】一覧へ


トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔